社会福祉法人 杉並区社会福祉協議会
お問い合わせサイトマップ個人情報保護方針

くらしのサポートステーション 生活自立支援窓口

相談無料・秘密厳守

経済的な困りごとと合わせて、生活上でさまざまな不安や課題を抱えた方の相談窓口です。

相談員が一緒に課題を整理し、利用できる制度のご案内や解決に向けた支援を関係機関と連携しながら行います。
*この窓口は、杉並区が設置し、杉並区社会福祉協議会が運営を受託しています。

例えば

  • 失業後、なかなか仕事がみつからず、家賃が払えない
  • 家族がひきこもっている。将来のことが心配
  • 計画的にお金が使えず、生活に困ることがある
  • 生活が苦しく、子どもに学習環境を整えることができない
  • 住む所がない、失うおそれがある

事業内容

自立相談支援事業

生活の困りごとや不安を抱えている場合は、まずはご相談ください。相談員がどのような支援が必要かをあなたと一緒に考え、具体的な支援プランを作成し、寄り添いながら自立に向けた支援を行います。

家計相談支援事業

日常のお金の使い方の見直しや、収支のバランスなどについてアドバイスをし、安定した家計管理が行えるよう支援します。要件に該当する場合は、公的制度や貸付など他制度も紹介します。

住居確保給付金の支給

家賃相当額を支給します。 離職などにより住居を失った方、または失うおそれの高い方には、就職に向けた活動をすることなどを条件に、一定期間家賃相当額を支給します。生活の土台となる住居を整えた上で、就職に向けた支援を行います。

相談から支援までの流れ 

1.まずは、相談窓口へ
窓口に配置している相談員が応対します。
何らかの理由で窓口にお越しいただけない場合はご自宅にも訪問します。
2.生活の状況を見つめる
あなたの困りごとや不安を相談にお話しください。 生活状況と課題を分析し「自立」に向けて寄り添いながら支援を行います。
3. あなただけの支援プランを
支援員はあなたの意思を尊重しながら、自立に向けた目標や支援内容を一緒に考え、あなただけの支援プランを一緒に作ります。
4.支援決定・サービス提供
完成した支援プランは、支援の関係者による話し合い(支援調整会議)により正式に決定され、その支援プランに基づいて各種サービスが提供されます。
5.定期的なモニタリング
各種サービスの提供がゴールではありません。あなたの状態や支援の提供状況を支援員が定期的に確認し、支援プランどおりにいかない場合は支援プランを再検討します。
6.真に安定した生活へ
あなたの困りごとが解決されると支援は終了しますが、安定した生活を維持できているか、一定期間、支援員によるフォローアップをします。

来所または電話でご相談ください。

 窓口に来られない場合には、相談員が訪問することもできます。
ご家族などまわりの方からのご相談もお受けいたします。

開設日時・場所

相談の様子日時
月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く)
午前8時30分~午後5時
場所
あんさんぶる荻窪 4階
(杉並区荻窪5-15-13)
電話
03-3391-1751
FAX
03-3391-1752
メール
kurashi@sugisyakyo.com

チラシはこちら→  「くらしのサポートステーション~生活自立支援窓口~」

ページの先頭へ戻る